太りたくないけど食べたい人のおすすめダイエット方法を伝授!

美味しいご飯を食べたいけど、太るから我慢しないといけない・・・。

そのような辛いダイエットをしていませんか?

 

確かに、太る原因は食事にあると言われていますが、実際に食べていても痩せている人は痩せていますよね。

実は、食事をしたからと言って太るのではなく、その食事方法に問題があるのではないでしょうか?

 

という事で今回は、太りたくないけど、美味しいご飯が食べたい人に向けて、太らない食事方法やオススメのダイエット方法をご紹介したいきます。

 

太っている人と痩せている人では食べ方が全然違う

 

この記事を見ている人は、美味しい食事をしながらでも、痩せたいと願っている人が大半だと思います。

今回、お話しする内容は食べながら痩せる方法です。

 

その為には、今あなたが行なっている食事方法を改善する必要があります。

という事で、まずは太っている人と痩せている人の食べ方の違いを詳しく解説していきたいと思います。

 

太っている人がやってしまっている食事方法

 

まずは、太っている人が行なっている食事方法をご紹介していきたいと思います。

もし、今からご紹介していく内容に当てはまるようでしたら、今すぐ改善していくようにしましょう。

 

朝食を抜いている

太っている人がやってしまいがちなのが、朝食を抜いてしまう事になります。

朝食を抜いてしまう理由としてはいくつかありますよね。

 

  • ダイエットの為
  • 忙しい為
  • 時間がない

 

などなど、人によって理由は様々なのですが、朝食を抜く行為はダイエットに逆効果になります。

朝食を抜いてしまいますと、体温が上昇するまでに時間がかかり、新陳代謝の低い状態が長く続きます。

ダイエットに詳しい人であれば、代謝という言葉自体は聞いた事があると思いますが、代謝が低くなってしまいますと、カロリー消費が少なくなりますので、痩せにくくなってしまいます。

 

夕食に食事が偏ってしまっている

夕食に食事が偏ってしまっている人はダイエットしにくい身体になってしまっています。

どういう事かと言いますと、身体は夜になりますと、血糖値が高くなります。

血糖値が高くなりますと、脂肪を作りやすい状態になってしまいます。

 

その状態で夕食を大量にとってしまいますと、太りやすくなるという事が簡単にイメージができますよね。

それに夕食中心の生活になってしまうと、朝食が食べれなくなり、ダイエットにおいては悪循環が生まれてしまいます。

 

糖質中心の食事になっている

甘いものを食べたり、炭水化物中心の食事で太ってしまっている方は非常に多いですよね。

お菓子はもちろんの事、ラーメンやパスタなど・・・炭水化物中心の食事を毎日繰り返していると、糖質を摂りすぎてしまい、太りやすい身体になってしまいます。

糖質は身体の中で脂肪に変化しますので、摂り過ぎには注意が必要です。

 

食事中に血糖値を急上昇させている

血糖値が上がってしまうと、身体は脂肪を合成しやすくさせます。

実は、血糖値が急上昇する時間というものがあります。

 

それは『食事中』です。

 

  • 空腹時に食事をしてしまう
  • ガツガツと早食いをしてしまう

 

これらの状態で食事を行うと、血糖値が急上昇してしまい、太りやすい身体になってしまいます。

特にガツガツと早食いをしてしまう人は要注意です。

 

早食いは血糖値が急上昇して、インスリンという成分が体内で発生します。

この成分が分泌される時、人間の身体はフル稼働で脂肪を作る働きを行います。

 

それに脳が満腹だと感じるのは、15分〜20分程度のタイムラグがありますので、早く食べてしまいますと、その満腹感を感じる事できないので、いつまでも食べてしまいます。

この事から早食いはダイエットにおいては禁止です。

 

身体の水分量が少なく血液がドロドロ状態は危険

身体の水分量が少なくなってしまいますと、血液がドロドロの状態になっています。

血液の循環が悪くなってしまうと、老廃物を運ぶ機能が低くなり、代謝も悪くなります。

 

また、お通じも悪くなりますので、ダイエットに重要なデトックスの効率が非常に悪くなります。

 

これは豆知識なのですが、重要なので共有しておきます。

実は身体にとって、排尿や排出はデトックスのおよそ95%を占めると言われています。

 

反対に汗に関しては5%くらいのデトックス機能しかありません。

つまり、運動をして汗を流すよりもお通じを改善する方がダイエット効果は非常に高いと言われています。

 

ここを理解する事によって、あなたのダイエット方法が一気に変わりますし、効率の言いダイエットを行う事ができます。

 

ストレスが多い

現代社会において、ストレスというのは切っても切れない存在です。

脳はストレスを感じてしまいますと、エネルギー補給の為に糖質とアミノ酸さんを欲しがります。

 

つまり、ストレスを感じていますと、無意識にたくさん食べてしまう傾向にありますし、糖質も同時に大量に摂取してしまいますので、太る原因になります。

この事から、外的、内的ストレスとの付き合い方が重要になります。

 

運動不足で基礎代謝量や体温が低い

運動不足で基礎代謝量や体温が低くなってしまい、太りやすくなっている人も増えています。

そもそも基礎代謝量とは、1日に必ず消費されるカロリー量の事で、この基礎代謝量が上がれば上がるほど、痩せやすい体質になります。

 

なので、太っている、または太りやすい人は、基礎代謝量が低下している可能性があります。

基礎代謝量を上げる為には筋肉量を増やす必要がありますので、筋トレや適度な運動が不可欠となっています。

 

このように、太っている人の食事方法の特徴を記載していきましたが、あなたに当てはまる項目はありましたでしょうか?

もし、1つでも当てはまる事があれば、今すぐに改善しないと痩せる事はできません。

 

続いては、食べていても痩せている女性の食事方法を共有していきます。

上記で記載した太っている人の食事方法に当てはまっている人がいれば、是非、今から記載する食事方法を全て実践してみてください。

 

痩せている人が行なっているダイエットができる食事方法

 

では、早速ですが、痩せている人が実際に行なっている食事方法をご紹介していきたいと思います。

かなり参考になる食事方法がたくさんありますので、日々の生活の中で取り入れてみてください。

 

冷たいものよりも温かいものを食べる・飲む

痩せている人は、冷たいものよりも温かいものを食べる傾向があります。

もちろん、飲み物に関しても冷たい飲み物は飲まないようにしています。

 

ダイエットは温かいものが良いとされていますが、痩せている人はこれが習慣になっています。

温かいものを食べる事によって、常に基礎体温が高い状態になります。

基礎体温が高くなりますと、代謝が良くなりますので、ナチュラルに痩せやすい身体になります。

 

それに、内臓の働きが活発になりますので、消化が早いと言えます。

 

自然と太りづらい順番に食べている

誰に教わったのか分からないですが、太らない人は先のサラダを食べる傾向にあります。

サラダなどを先に食べる事で血糖値上昇がゆるやかになりますので、太りにくくなります。

 

要はサラダや野菜類などの消化しやすいものを先に食べる事で、内臓の負担が軽くなるんですね。

結果、内臓に使っていたエネルギーを代謝に使うようになりますので、痩せやすくなるのです!

 

これは今日から実践できる事ですよね。

野菜が嫌いな人は消化の良い食べ物を先に摂取するのでもアリなので、今日から実践していきましょう!!

 

ちょこちょこ食べている

痩せている人は食事をちょこちょこ食べている傾向があります。

これも良く言われている太らない食事方法になります。

 

理由としては、ゆっくりと食事をする事で噛む回数が必然と増えます。

人間は噛む事で筋肉が刺激され、その刺激が脳に行くんですね。

 

その時、脳が『神経ヒスタミン』という物質を分泌します。

ダイエットに詳しい人は知っていると思うのですが、これはダイエットに嬉しい作用を引き起こしてくれます。

 

その嬉しい作用とはこちらになります。

 

  • 満腹中枢が刺激されて食事量が減る
  • 食事によって消費するエネルギー量がアップ

 

つまり、噛む事で神経ヒスタミンが分泌されて、満腹中枢を刺激してくれますので、食べ過ぎを防ぐ事ができます。

しかも、よく噛む事で消費量が増加しますので、代謝アップが期待でき、結果としては痩せやすい身体にしてくれます。

 

食べる時もおしゃべりしている

痩せている人は食べている時もおしゃべりをしています。

要は、おしゃべりをしていると、ゆっくり食事をする事ができますので、ナチュラルに食べ過ぎを防ぐ事ができます。

 

これは食べ方と言うよりかは、気持ちの問題になってきますが、楽しく食事をする事で自然に痩せる体質を作れるという事になります。

是非、参考にしてみてください!

 

遅い時間は絶対に食べない

痩せている人は遅い時間に絶対に食事をしない傾向にあります。

これは良く言われている事でもありますが、全然できていない人も多いと思います。

 

一番太りやすい時間は夜の22時〜午前2時と言われています。

炭水化物と脂質は身体を動かすのに必要なエネルギー源になります。

 

ですが、夜遅くに食べても、大抵は後は寝るだけですよね。

 

結果、エネルギーが消費されずに脂肪として体内に残りますので、体重が増えていく事になります。

痩せている人、あるいはダイエットに成功している人はその事を知っていますので、絶対に22時以降の食事はしないんです。

 

置き換えダイエットを行なっている

置き換えダイエットはダイエットに詳しい人なら誰でも知っているダイエット方法になります。

簡単に解説しますと、1日3食の内、1食をグリーンスムージーやレッドスムージーなどのダイエットアイテムに置き換える事で、痩せる体質を作っていく方法になります。

このダイエットは非常に効果的なので、女優・モデルさんも行なっているのです。

 

もし、初めて置き換えダイエットを知った方がいれば、挑戦してみるのもアリなのかなと思います。

即効性はありませんが、楽しくダイエットできると思います!

 

まとめ

 

いかがでしたでしょうか?

今回は今回は食事を制限しなくても痩せる方法を詳しく解説していきました。

 

大抵の人は痩せる為に運動が伴うダイエットを選択しますが、実は食事方法を改善する事で、案外簡単に痩せる事ができるのです。

食事制限ではなく、食事改善を行う事で、それがダイエットに繋がりますので、是非参考にしてみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です